マーチンゲール法の極意

マーチンゲール法は、的中しても倍を続けていると大失敗があります。ルールを覚えておかないと、攻略法として使えません。的中した後は、必ず初期の状態に戻してください。最初に戻してからもう1回スタートすることで、マーチンゲール法を繰り返せる状況となります。スタートの金額は後から変更しても構いませんが、的中後の失敗だけは避けないと大損が待っています。

マーチンゲール

的中した場合はどれだけ小さくてもリセット

最初が1ドルスタートで、その1ドルで的中して2ドルを得たとしても、マーチンゲール法では、1ドルに戻してスタートします。お金があるなら2ドルスタートとして、そのまま倍にしても構いませんが、リスクが高くなってしまいます。小さくてもいいからリセットを行なって、最初の状態に戻して行うのが大事です。調子に乗ってしまうことが、マーチンゲール法では一番駄目なパターンです。
このままプレイしてもいいと判断すると、どんどん賭け金のスタートが多くなり、ベットリミットに引っかかる可能性があります。また賭け金に対して、持っている金額が少ないために、持ち金が不足したいた事よってマーチンゲール法がストップすることもあります。リセットすることはとにかく大事で、小さい的中でも最初に戻ってください。

リスク

最初に戻ることを繰り返して増やしていく

最初に戻ることを基本として、マーチンゲール法は続けることができます。1ドルスタートの場合、どのパターンでも1ドル増えてスタートに戻っているのですから、後はこれを繰り返して1ドルずつ増やしていけばいいのです。10回的中すれば、マーチンゲール法で10ドル増えているので、後は毎日やっていれば100ドルや300ドルといった金額も増やすことができます。
最初に戻したことで、リスクを軽減できるのもいい方法です。初期投資が多くなりすぎてしまい、かなり厳しい状況下におかれてしまうケースもありますので、最初に戻ることを前提としてベットを決めるといいでしょう。

マネーシステム成功

戻るタイミングでベットを変えてもいい

唯一変更できるタイミングは、リセットしてもう1回最初から行う時です。このタイミングでベットの金額を変更できます。1ドルだったものを2ドルに変更してスタートするなど、もう少し増やしたい時に便利です。
ベットを増やすことは、リスクを高めることが多いので、あまり多くしないように気をつけてください。出来ればベットは変更せず。初期のまま進めたほうがいいです。